エムレス|Emotional Resolution®

ネガティブな感情の鎖から自分を解放する
シンプルでパワフルなメソッド

 

エムレスでできること
恐怖症/人前で発表する緊張や不安/パニックなどの不安/何かや誰かへの怒り/抑うつ/何かの行動に対するストレス/先延ばしグセなどの習慣問題/食物嫌悪/など

 

喜怒哀楽の感情があるのは自然なことです。ですが、嫌な感情に長く囚われたり、感情を爆発させて後で後悔したり、人間関係を壊してしまった経験が誰しも一度くらいはあると思います。

ネガティブな経験からまた別の感情が生まれ、積み重ねることでどんどんもつれてしまいます。

感情に振り回されなかったらもっと楽に生きられるのに…と思ったことはありませんか?

感情をコントロールできないのはどうしてでしょう?

 

感情には何もしません

アンガーマネジメントや種々の感情に対するアプローチと違い、エムレスでは感情にはアプローチしません。

感情があるのは自然なことでコントロールができないからです。

私たちは抱いた感情をうまくやり過ごしたり、ポジティブに変換しようとしたり、分析しようと対処しますが、それは感情を抑えているだけ。そのためまた同じようなことで繰り返しストレスを感じています。

エムレスでは感情ではなく、感情が起きているときの感覚にアプローチをしているので感情を分析したりしません。辛い感情と向き合うことなく自分のストレスを解放することができます。

感情は身体の反応によって起きる

エムレスでは感情が起きたときに生じている身体の感覚にアプローチします。

身体が反応しなければ感情は起こらないからです。

感情は「肉体の感覚」が引き金となって生じています。

緊張しているから胸がドキドキするのではなく、胸がドキドキしているから緊張していると感じるので、ドキドキしなくなれば緊張しません。

これは欧州やアメリカの研究者や医師、生物学者によって体系立てられた仕組みで、私たちがネガティブな感情をどうにかしようとしてもうまくいかないのはアプローチするところが違うためと考えています。

 

  • 「このくらい大したことない…」
  • 「誰だってストレスはあるものだ」
  • 「ポジティブシンキングでいこう」
  • 「深呼吸してその場をしのげば大丈夫」

こんな風に対処したつもりの感情は脳にとってストレスとして記録されます。ストレスのある状況と、過去(特に胎児期~6歳頃ぐらい)に体験したストレスとの結びつきによって引き金が生じるのですが、エムレスのシンプルな方法によってこのパターンを壊すことができます。

そして身体が反応しなくなれば感情は起こらなくなります。

 

「セルフエムレス」のセミナーでは、約90分の内容で感情の仕組みと自分で自分のために使うシンプルなテクニックを知ることができ、習得後は一生、早ければ数秒、長くても1~2分で感情を速やかに解決することができるようになります。

※私が開催しているエムレス・セルフセミナーについては最下部にリンクがあります。

 

私のエムレス体験

電車のドアが閉まると突然…心臓がドキドキして、手足がしびれ、のどがふさがって呼吸がしにくくなる。
人混みに入ると気が遠くなってしまい、同じような症状が出てすぐにその場から逃げたくなる。頭の中は自分の体調の不安にいつも支配されている感じ。

2015年頃、よくあるパニック障害の症状に。まさか私がこんなことになるなんて…と思っていました。

出かけたり美容院に行くという日常生活が普通にできなくなって、遊びの誘いが来ると気分が重くなり、どうやって断ろうかと頭を抱える日々。本当は身軽に遊びに行きたいのに症状の恐怖でできない…当然そんな自分を好きになれませんでした。

2016年にボディートークでだいぶ軽減されたあと、まだうっすら残っていた不安のしこりが、体調がすぐれない日にひょっこり顔をだして症状を誘っていたので、ちょうどエムレスが日本で始まったのが2019年。セッションしてもらい、電車のドアが閉まった直後に感じる不安感がなくなりました。

セルフエムレスも受講して自分ですぐに感情を解決できるようになり、その後は何も気にしないで日常生活を送っています。

今は新幹線や飛行機に乗って遠くに行けるようにもなりました。もともと外に出るのが好きだったので悩みから解放されて本当に軽くなりました。みんなが知っていたらもっと楽になれる人が増える!そう感じて施術士になるために勉強と試験を受けました。

 

エムレスは2000年初頭にフランスを中心にヨーロッパでスタート。

エムレスメソッドとして構築した専門家グループによる組織、エモーショナル・ヘルス・インスティテュート(E.H.I)がアメリカで2019年に設立されサンフランシスコを拠点に活動を行っています。日本では現在約40名の施術士がいます。

セッションの流れ

エムレスは対話形式で進みます。身体に触れる必要がないのでオンラインでも全国どこからでも受けることができます。

※オンラインセッションの場合は、他人やペットや通信環境等がセッションの妨げにならないよう安全で静かな環境をご準備ください。

注意点

大きなテーマの解決、感情と身体のパターンが複雑になっている場合は複数回のセッションで解決していくことがあります。

セッション体験談

40代女性
緊張しすぎてしまうのを改善したいzoomでセッションを受けました。座って、話して、目をつぶって体の感覚を感じているだけでいいという受けたことがない施術でしたが、セッションを終えてから気が付いたのは、普段する会話のときにも気楽に話しかけやすくなったことです。
以前よりもネガティブなことがあってもその場で踏ん張りがきくようになった気がする。

 

30代男性

家族に対してイラっとして八つ当たりしてしまう家族に何か言われると責められたと感じてしまい、ついカッとなってしまう。
その後は空気も悪いし自己嫌悪にもなるのでそれに対してセッションを受けました。
セッション後は家族に対してカッとならずに過ごせていますし、カッとなる時は自分の体調がよくないという原因もあったのですが、不思議と心身共に体調が良い日が続いています。

 

40代女性
苦手な上司に対する自分の反応を改善したくてセッションはえっ?ていうくらいあっという間に終わりました。
直後は何が変わったのかわからない感じでしたが、その後過ごしてみて変化を教えてくださいと言われました。
職場でサポートしてくれる人が現れたり、上司の態度が柔らかくなったように感じたり、上司への見方が自然と変わりました。
自分の心持ちだけでなく周囲が変わったように感じられるのは不思議です。

 

30代男性
人に言いたいことが言えないでモヤモヤする職場のある人に対するストレスに対してセッションを受けました。
体の感覚を感じるというのがはじめは難しい感じがしましたが、2回目のあとにモヤモヤしたくてもできなくなるという不思議な体験をしました。
それから仕事の人間関係が不思議と変わり、建設的に考えられるようになって肩の力が抜けました。
また解決したいことができたらお願いしようと思います。

 

40代女性

先延ばしにしてしまうストレスやらなければならないことがあるのに、いつも見て見ぬふりをして違うことをやってしまう。
棚の扉を開けて、しまってあるそれを見るたびにため息が出て自分が嫌になるという悩みに対してセッションをしてもらいました。
その後、数日たって棚を開けても何も感じていない自分に気が付きました。

セッション例

小学5年生の男の子
クラスメイトにからかわれるストレスと頭痛からかってくるA君との関係に悩んでいて、お母さんの提案とご本人の意思でセッションを受けることに。ストレスを感じた状況に対してアプローチをして、10分ほどでセッションが終了。
その後A君とも他のクラスメイトと同じような関係が築けるようになっていき、頭痛も翌日には消失。担任の先生からも成長したと褒められたそうです。

料金(税込)

1回 13,200円(一律。時間はセッションの進行によりますが、30~50分です)
※自分で感情解決ができるようになるエムレス・セルフセミナーも同一料金です。
(かとう治療室のホームページに飛びます)詳しくはお尋ねください。