PROFILE

NO IMAGE
 

加藤直輝 (Kato Naoki)

1985年生まれ 千葉県出身

主な仕事は自由なセラピスト。

資格

  • 柔道整復師
  • 米国IBA認定ボディートーク施術士(CBP)
  • メンタルビジョントレーニングインストラクター
  • アクセスバーズ®プラクティショナー

趣味

サイクリング・料理・アルトサックス(練習中)・自然の多い所に行く

性別と人生の迷子を経験して、「性と生」という言葉に到着。

突然ですが、私は生まれた時は女性でした。23歳の時にタイに渡航し手術を受けて今は男性として生きています。

小さい頃から性別の違和感を感じ、なんとも表現しにくく打ち明けられない悩みを長いこと抱えていました。
自分の混沌とした悩みを解決するきっかけになったのは、あの有名なドラマ「金八先生」です。

自分は男性として生きたい。手術を受けて望みを叶える選択肢がある…とはいえ、やはりここまでの道は順調ではなかったです。

家族や周囲の理解、学業や仕事、自分の体調(パニック障害発症)、経済事情、ホルモン療法や手術など。
全てを投げ出して人生終わった!ってなったときもありましたが、乗り越えることができました。

パニック障害が酷くなったのはそれなりの人生の苦労から解放された後だったので絶望を感じていました。

ボディートークを受けるきっかけになったのですが、その情報を先に知っていた今の妻がいなければまた違う人生を進んでいたでしょう。

ボディートークの学びはセラピストとしても考え方が大きく変わりました。
心とカラダのつながり、それ以上に色んなことが自分のカラダや関係性に影響しあっているんだと。

同時に、自分がこのような人生を選んできたルーツのようなものや、ほんとうの自分とは?
人間、男と女、生とは?を追求したくなりました。

いつでも発展途上ですが、色んな生き方のうちの、自分が感じてきたこと、体験してきたこと、色々記録にしようとこのページも立ち上げました。

では、ご縁のある方どうぞよろしくお付き合いくださいませ。

こんな人待ってます

  • 体調が悪くてなかなか治らない
  • 原因不明の症状があってどうにかしたい
  • いつもからだの同じ側や同じところばかり痛める
  • 過去のケガがなかなか治らない
  • 薬に頼らないで治したい
  • 疲れやすい
  • ストレスが多くイライラしてしまう
  • 自分に自信がない
  • 人間関係、家族関係に頭を抱えている
  • 子供ができにくい
  • セクシャルマイノリティー的悩み