もうちょっと、好きに生きてもいいじゃない。

PROFILE

加藤直輝

1985年生まれ 千葉県出身

資格

  • 柔道整復師
  • 米国IBA認定ボディートーク施術士(CBP)
  • メンタルビジョントレーニングインストラクター
  • アクセスバーズ®プラクティショナー

趣味

サイクリング・料理・アルトサックス(練習中)・自然の多い所に行く

施術実績

ボディートーク

  • 2018年 認定施術士
  • 2019年 上級クラス修了
  • 2019年 ボディーエコロジー/ボディートーカーのための進化エピジェネティクス習得
  • 2020年 リンパドレナージと応用解剖生理学修了
  • アニマルボディートークアクセス修了
  • 年間約250セッション
  • 仙台や東京など各地で出張セッション実施

柔道整復師

  • 2007年 柔道整復師免許取得
  • 整骨院やリラクゼーションサロンで経験を積む
  • 都内の整骨院グループの院長、統括、技術指導やマネジメントを経験
  • 2017年 かとう治療室開業

その他

  • 2019年 メンタルビジョントレーニングインストラクター認定
  • 2018年 アクセスバーズ®プラクティショナー認定

性別と人生の迷子でした

小さい頃から性別の違和感を感じ、それなりに悩み、性別の迷子を経て女性の身体から戸籍上男性として生きる選択をしました。手術は23歳の時にタイの病院で受けました。

ホルモン注射や手術の効果で社会的に男性として自然と過ごせるようになり、やりたい仕事もできて、今まで我慢していたことやできなかったことが一掃されたはずなのに、どこか満たされない気持ちを抱えていました。

自分でいうのもなんですが熱心に仕事も勉強もして、それなりに結果も残し患者様やスタッフから信頼を頂いていました。
頑張っても頑張っても、まだダメ。こんなんじゃダメだと思っていました。

自分ではなくて他者から認められるために頑張っていたから「終わり」がなく、すごく消耗してしまったんですね。
パニック障害になり、対人恐怖、不安で電車も乗れない、美容院や歯医者ですら数分前まで元気だった身体が急に崩れるような、身体のコントロールができない状態でした。

ただでさえ強くあらねばと思っていた私に降りかかったメンタルの不調は、自分をさらに弱いダメなヤツだと思わせました。
当たり前の生活ができない。生きててもつまらない。男にも女にもなれない。辛いことばっかりもうたくさん。人生終わりにしたい。

そんな時に、今の妻がボディートークを教えてくれました。
初めて受けた時に感じた不思議な感覚。パニック障害が完治したかは検査では証明できませんが、以前より悩まなくなったのはボディートークがきっかけだと思っています。

私のセラピストとしても転機を迎えます。自分が施術士になりたいと思ったので。

自分が人生を選んでいるから、せっかくなら楽しみたいよね

性同一性障害、パニック障害など自分の人生の経験を通じて、人間のからだやこころのことを考える機会に恵まれたのは自分の財産。
身体が元気になっても心の問題が解決しないとすぐにまた身体の不調になるし、心だけで頑張ろうとしても身体がついてこない。

カラダにする治療はたくさんあるけど(私もやってるけど)、カラダだけよくなればうまくいくってわけでもなくて、心や自分、外部とのバランスによって見える・感じる世界が変わっていくのは私自身が経験したことです。

なんでこんな辛いことばっかり…と被害者面していた頃もありましたが、今はこの人生を選んでいる自分を楽しめるようになりました。
それぞれの人生を体験するために別々の肉体をもって生まれてきたから人生も個性的で当然。

なんか生きづらさを感じる私たちが気づくべきことは、自分で選んだ人生の道を通っているかどうか。
道がなかったら避けてのもいいけど、作れば避けることなく進められる。

すべて自由なんだから。
今よりもうちょっと自由に生きたっていいじゃない。

そう思って、私は天国あり地獄ありの毎日を楽しく生きております(笑)

こんな人待ってます

  • 体調が悪くてなかなか治らない
  • 原因不明の症状があって、どうにかしたい
  • いつもからだの同じ側や同じところばかり痛める
  • 過去のケガがなかなか治らない
  • 薬に頼らないで治したい
  • 疲れやすい
  • ストレスが多くイライラしてしまう
  • 自分に自信がない
  • 人間関係、家族関係に頭を抱えている
  • これから事業を始めようと思っていて、最適なスタートを切りたい
  • 子供ができにくい