自分の生きたいように生きる

私は性同一性障害(FTM:女性から男性へ)の当事者の一人でした。

どうしても解消できない悩みはありますが、私がそうだったように、いつか過去を振り返った時にこの人生にも意味があったんだと思えるようになります。

ひとりで悩んでいると思考が狭くなりがちですが、一緒になって話すことでさまざまな可能性を広げることができますよ。

当事者、パートナーやご家族の方のご相談も伺います。

費用(税別)

1回 8,000円(60分)

延長10分ごとに1,000円

※オンラインでも承ります

他のメニューを組み合わせる場合には別途費用がかかります。

LGBTだけじゃない。「わたしって何?」という思い

どんな人もいつかは自分の足と心で人生を歩まなくてはなりません。
そこで自分の人生を自分で歩むために必要だと感じたのは、男か女の前に「私」。

LGBTという言葉は認知を広めるために便利ですが、人を枠の中に閉じ込めてしまう側面があり、生きる上での苦悩や制限の一因になります。
いずれはLGBTという言葉もなくなって男でも女でも、一人の人間であることに変わりはないということが浸透したらいいなあと思っています。

手術をする・しないなど、具体的な悩みを改善していくのも大切ですが、どうにも変えられないことだってあります。見方を変えればLGBTは病気ではなく生き方を自分で選択できるのです。


私の場合は、女性でいようと試みた過去と、性別変更後に誰にもバレないように男性という事にとらわれ過ぎた時期の二極を経験し、色々経て今に至り自分らしいちょうどいい所を見つけました。

性別への執着がなくなったからです。肉体・社会的にどっちに所属するの?と聞かれたら男性を希望しますが、それだけです。

ヒトである以上どちらを選んでも、いい事も辛いこともあるのは同じ。
ともなれば、生き方に関する悩みや課題ってLGBTも一般の男性・女性も同じです。

私の場合はLGBTがきっかけで「わたしって何?」の探求を始めましたが、どなたにもそういうタイミングがやってくると思います。

ひとりでは行き詰まってしまっている方へ、私が人生の好転をお手伝いします。

こんなかたへ

  • LGBT当事者(特にFTM)
  • LGBT当事者のパートナー、家族
  • LGBTじゃなくても、人生に悩んでいる(不登校・発達障害など)
  • 1度でも自分の性に疑問を感じたことがある
  • 性別を変えたい
  • ホルモン療法について知りたい
  • 家族へのカミングアウトについて悩んでいる
  • 学校に行きたくない
  • 将来、どうして行きたいのか自分でもわからなくて悩んでいる
  • 友だちがLGBTだけどどう付き合っていいかわからない

お早めにご相談ください

【こんなことが当てはまる人】
・本が読めない、うまく字が書けないお子様
・運動能力を高めたい
・気が散りやすい
・発達障害、ADHDが疑われている
・感情のコントロールが苦手
・緊張しやすい
・ミスが多い
・高齢者の事故や転倒の予防

目は一生使うもの。メンタルビジョントレーニングは年代問わず必要とされる視覚機能を伸ばし、カラダやココロの健康に役立ちます。