FTMも見てる世界はみんな違う

私のコンプレックス

私は女性で生まれたものの、身長もそこそこあり体型も細身だったから洋服のサイズがないと悩むこともなく男性としてパスしやすかった。くびれがある骨格はコンプレックスのままだけど…

ホルモン療法を始める前に最も悩んでいたのは生理があることと、声。といっても声も治療前から高くなかったんだけど、声の質ははっきり言って違う。
だから公共の場で声を発することやファミレスとかで自分がオーダーするのは、見た目は男だけど声を聞いたら「あれ?」って思われるのが嫌だった。

他には、筋肉がつきやすくなって男性的な体型になるんだけど、そこに関してはどんなふうになるんだろうってワクワク感が大きくて、そうなってくれ!っていう強い思いはなかった。
実際の変化は、お腹周りの脂肪の付き方が変わって、下腹部の血管が浮き出たからこれが男性的な感じなのかも。

筋肉は努力が足りないからついてない。
胸オペした後で自分が軽い漏斗胸であることが分かり、前胸部は貧相である。

話を戻すと、ホルモン療法で声は変わった。
まず、歌が歌えなくなった。高音はますますでないし音程もコントロールできない。慣れない楽器を操る感覚。10年経って話声は安定したけど、歌は…(笑)(今のサックス修業に似ているな!)

わたしの声は自覚に反し、超お褒めの言葉を頂けるし、歌もうまそうとか言われるのだけど、実は超下手になった。治療は失うものもある覚悟がいる(笑)

ホルモン療法で声や生理の悩みが改善された後は、新たな欲として胸を平らにしたり陰茎をつけたいとか、戸籍上の性別が女性のままなのがしんどくなった。

親戚(都合上内緒にしていた)から電話がかかってきても「誰?どうした?」となり、いつかけても風邪を引いているといってごまかしてたなぁ(笑)

そんなふうに、当時は絶望的に悩んでいたから思考が狭かったけど、今となっては自分は悩みが少なくて済んだ恵まれた方だと気づく。

相談者から色んな悩みを聞いて、同じFTMでも一番どこが気になるのかとか、解決したいのことはみんな違うんだなぁと感じた。

だからFTM当事者だからFTMのことは結構知っているつもりになっていたけど、知らない知らない(笑)もっといろんな人のいろんな相談聞けたら勉強になる。悩み教えて!

FTMの悩みやすいこと

  • 身長の低さ
  • 足が小さい
  • それによってメンズ服のサイズがない
  • 横に広い骨盤の女性体型
  • 胸のふくらみ
  • 生理
  • 声が高い
  • 童顔
  • トイレ問題(立位排尿できない)
  • もっこりがない(笑)
  • 一般男子への劣等感
  • 温泉、プール、海水浴
  • パートナーシップや子供問題

改善のヒントは自分の中にある

はい。あれもできないこれもない。私の場合もナイナイ問題に陥りました。
こんなことも今だから思えることで、10年以上前だったら「そんなこと言われても!」ってむっとすると思う(笑)

先にそのステージを経験したから、私の今の課題は、今悩みの真っ只中にいる人をどうやって助けるかなんだけど。

色んな悩みの解決法は自分の中にあったの!当時は見つけるのに苦労したけど。

私は悩みの真っ只中の頃、人がこわかった。
周りから自分がどのように見えているのか、どんなふうに思っているのか、知っている人も知らない人も、自分と目の合った人、すれ違った人も気になった。

すごい自意識過剰なんだけど、そういう意識になっていた。
で、自分のなかで膨れ上がった「男性とはこう」っていう考えがあったから、自分が余計苦しかったんだよね…って今は思える(笑)

  • 男は強くなければならない
  • いっぱい食べられないのは男じゃない
  • 男は細かいこと気にしない
  • 男はガタイがよくないとかっこよくない
  • 男はピンクを着ない(だいぶ古い価値観w)

他にも色々あったけど、皆さんが思う「男性とは~。(または女性とは~。)」の影響も受ける。

  • 男なら○○して欲しい(そうなんだ!男と認められるためにそうしなきゃ!)
  • 好みが女性みたいだね(え?じゃあもうこういうのは選ばない!)
  • 男らしくない(男らしくありたいから男らしさを研究しなくちゃ!)

そうして自分の中で「こうあるべき」「こうでなければ」を増やしていって、その基準から外れた自分や他人を否定したり比較したりしてしまうから、その思考が本当にそうなのかって自分や世間の常識を疑えるようになってから心にも余裕ができたよ。

どう思われるか、どう思うか。それはどうしてそう感じるのか。

変えられることと変えられないこと

とはいえ、努力したりお金をかけて改善できることと、どうやっても改善ができないことがある。

例えば、胸を平らにしたいって思って手術を受ければどうにかなるけど、身長を30センチ高くしたいとか、骨盤の形状を男性型に変えたいというのは限界がある。

どうしてそうしたいのか。それが不可能だとしたら、他に補える要素はないか。

私は幸い身長は170センチあり、胸も手術前から本当に小さかった。
それでも、男性としての生殖機能を持つことはできないし、くびれがある体型は今でもコンプレックスだ。

この不足感を補ったのは、ファッションの研究と生活の鍛錬(食事や運動に気を配っていた)
どうしたら男性的なシルエットになるか、筋肉をつけて女性体型をカバーする、ちょっと日焼けして男性的な肌にする、ヘアスタイルを気にする、など。

まぁどれも外見上で、ばかばかしく思う人もいるかもしれないけど、必死だったんだなぁ。

今もファッションは好きだけど、以前のように体型をつくるためのファッションはしていない。
自分が着たいもの、ピッタリのものを選ぶし、筋トレも女に見られないようにするんじゃなくて、かっこよい体型をつくりたいからする(結果が出るほど努力していないけど(笑))

ヘアスタイルなんぞ、ハゲてきたからそれをカモフラする方が優先で(笑)はげたらより男性的でいいじゃないって思うはずなのにわがままな悩みだと思う(笑)

何より、男はこうあるべきっていうのからだいぶ解放された。
遺伝子はXXだし、どんなに完璧に手術しても限界がある。女性性は一般の男性にもある。
このことを受け入れられて、それでもいいじゃんって思えるようになって本当に楽になった。

今悩んでいるFTMの人にも、今は苦しいかもしれないけど抜けられるよってことを伝えられたらいいなと思う(偉そうw)

お早めにご相談ください

【こんなことが当てはまる人】
・本が読めない、うまく字が書けないお子様
・運動能力を高めたい
・気が散りやすい
・発達障害、ADHDが疑われている
・感情のコントロールが苦手
・緊張しやすい
・ミスが多い
・高齢者の事故や転倒の予防

目は一生使うもの。メンタルビジョントレーニングは年代問わず必要とされる視覚機能を伸ばし、カラダやココロの健康に役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

FemaleがMaleに向かう①