風邪のとらえ方

参考書籍:風邪の効用|野口晴哉

風邪は自然の健康法である。風邪は治すべきものではない、経過するものであると主張する著者は、自然な経過を乱しさえしなければ、風邪をひいた後は、あたかも蛇が脱皮するように新鮮な体になると説く。本書は、「闘病」という言葉に象徴される現代の病気に対する考え方を一変させる。風邪を通して、人間の心や生き方を見つめた野口晴哉の名著。

Bookデータベースより引用

風邪は「つかむ」もの

風邪を引くことを英語ではCatch a cold.という。日本語でも「引く」という表現をする病気は風邪ぐらいしか浮かばない。

どうして「引く」なんだろうと今まで疑問に思わなかったことを笑ってしまうが、言葉って本当に面白い。風邪ってクジみたいなものだったの?

風邪を他の病気よりも簡単そうで扱いが難しいという。そこには身体的な側面(個人の身体のクセ)があったり、心因的なものがあったり。たかが風邪、されど風邪か。万病の元とも言われるしたしかにそうだ。

フウジャが通る

風邪には他にも素朴な疑問があって、わざわざ風が邪魔すると書く。野口先生は風邪を「経過するもの」として捉え、病気は症状を感じているころにはすでに終わっている言う。

そして風邪が通ったあとはカラダの色々な滞りが一掃され、エネルギーの流れがこれまでより良くなるので、風邪は適切に引いた方がいいという。(全然ひかないのも、しょっちゅう引くのもバランスが悪い)

私は大人になるにつれて風邪をほとんどひかなくなった。その代わり年に1回ぐらい急に高熱が出たりして数日うなされる。

発症している最中は苦しくて一刻も早くこの症状から抜け出したいと思うんだけど、熱が通り過ぎた後は妙なスッキリ感があったなぁと。

風邪を引いた後は自分がリニューアルされるのだと思えば、身体にとってイベントみたいなものだ。

現代医学の偏りに気づく

症状は現代でいわれる「悪いもの」ではない。病気とは戦うんじゃなくて共存するもの。私たちの意識が変われば症状は気にならなくなる。

どなたでも接する機会のある「風邪」との付き合い方はたくさんの人に読んでもらいたい。

野口先生はこの頃から潜在意識を施術で扱っていて、ボディートークの考え方と近い部分があった。病気という字に「気」が入ることの意味、病は気からと言われる意味。向き合うのがツライこともあるかもしれないけど、病気や不調の原因を自分の外部だけから探そうとする時代は終わりになっていくのでは?

自分の身体とコミュニケーションをとって、自然と共生していく。私もまだできていないからこれから。

お早めにご相談ください

【こんなことが当てはまる人】
・本が読めない、うまく字が書けないお子様
・運動能力を高めたい
・気が散りやすい
・発達障害、ADHDが疑われている
・感情のコントロールが苦手
・緊張しやすい
・ミスが多い
・高齢者の事故や転倒の予防

目は一生使うもの。メンタルビジョントレーニングは年代問わず必要とされる視覚機能を伸ばし、カラダやココロの健康に役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です