もうちょっと、好きに生きてもいいじゃない。

ボディートークの世界観がわかる本

私が勧められて読んだ本

活字が苦手で今までまともに読書をしてきませんでした(知恵熱が出る(笑))が、ボディートークの勉強をし始めてから必要になってたくさん本を読むようになりました。

最初は他のボディートーカーの方がおすすめしてくれた本や、FBの記事などに載っていた本。そこから派生して自分が興味を持った本という風に、まるで人のご縁と同じように本が本をつないでくれています。

もう内容を忘れていたり、途中で読まなくなった本もありますが、印象に残った本をいくつかご紹介します。ご興味があったらぜひ。

思考のすごい力|ブルース・リプトン

人間のポジティブな思考の大切さを説いた自己啓発書は数多くあるが、
本書は細胞生物学者が科学的にそれを証明した画期的な本。
遺伝子やDNAが私たちの生体機能をコントロールしているのではなく、
細胞の「外側」からやってくるシグナルがDNAをコントロールしているという。
さらに、私たちが抱く思考は、肯定的なものも否定的なものも強力なメッセージを発していて、
それらも細胞をコントロールしていることを示してくれる。

amazon商品紹介ページより引用

私たちの身体にある細胞一つ一つに脳があるととらえる。自分の意識の使い方が自分の細胞や遺伝子の働きを変えることができるなら、従来の健康問題への取り組み方や遺伝についての解釈、「引き寄せの法則」は…?

学んできた医学の概念が覆されたり、視野が広がり、わくわくや驚きの内容がいっぱいの本でした。自分の健康を守るためにはまず人間の身体のことを知る必要がありますが、こういう見方があるのかぁ~とおすすめします。

あなたの体は9割が細菌|アランナ・コリン

体内微生物の生態系が破壊され、さまざまな問題を引き起こしている! 微生物生態系のしくみと健康との関係を科学的に解き明かす!

amazon商品紹介ページより引用

この本は個人的にお気に入り。私たちの健康はバイ菌よりも殺菌抗菌に汚染されていることがよ~くわかります。菌について知っているつもりでも、「ちゃんと」知らないって怖いです。

病気が教えてくれる、病気の治し方|ドアヴァルト・デトレフゼン、他

症状=「影」の声を聞くことからはじまる豊かな人生。症状から引ける索引付き。

amazon商品紹介ページより引用

「病気」や「症状」のとらえ方が変わります。もちろん不快なので病気や症状は避けたいですが、本当に治癒するには今までの医療では足りないことが分かります。本気で自分と向き合って生きたい方におすすめ。現在なかなか手に入らないようです…

最新情報をチェックしよう!

ボディートークの最新記事8件