もうちょっと、好きに生きてもいいじゃない。

台風19号

この度被災された方へ心よりお見舞い申し上げます。

私が住んでいる地域は江戸川が近く、今まで経験のない江戸川氾濫の危機にありました。ハザードマップによると、もしも江戸川が決壊した場合5メートルほど浸水する予測がたっている場所。

もしその通りになったら1階の治療院はもちろん、2階の住居も全滅です。

そうなったときのことを想像すると、今テレビでインタビューに応える被災した方々のように気丈にふるまえないと思います。

何がこわいのか

私の場合は「失う恐怖と悲しみ」。大切な人や物、場所、色々。あ、命も。何を失うのか、どうなっていくのかわからない不安と恐れ、失って感じる悲しみ。

今回のニュースでも、増税前に買った○○が…とか、地下駐車場で車が浸水してダメになったとかの話が多い。お金が無くなるのは不安になるし、一生懸命働いて得たものだからツライ。

物を所有しなければ、失う恐怖や悲しみは少なくなるのかなぁ。

逆に「持っていない」不安も出てくるのかなぁ。

目の前の小さな川と、近くの大きな川

雨風がピークの時は、目の前の川の水位が気がかりだった。その川は溢れやすい川で、過去に何度も溢れている。ここ数年は治水工事が進んで溢れにくくなったが、今回はダメなんじゃないかと思った。

溢れたらどうなるんだろう。どのくらい浸水してしまうのか。そんな不安で一夜を過ごしたが、幸いにも持ちこたえた。

後になって思えば、地面より低い所にあるこの川が溢れても、地面より高い所にある江戸川が氾濫したときの被害に比べればうんと小さい。そもそも、あれだけ大きい江戸川が氾濫するなんていままで想像したことがなかったのが愚かだったんだ。

本当に必要なものって何だろう

生活をよりよくしたい欲は当然あるけど、今、足りないのか?

家もあるし、食べ物もある。趣味に使える時間もある。なにより生きられているから足りているはず。

所有物だって今でもあって身重なのに、それ以上何を担ごうとしているんだろうって気が付いた。

今必要なものを必要な分だけ。って本当に必要なものが分からないと進まない。この前洋服を断捨離したばかりだけどもっとできるかも。

自分には何が必要で、何が要らないか。う~ん。

最新情報をチェックしよう!

私事の最新記事8件