膝の痛みがボディートークのファーストエイドで改善した例

習いたての“ファーストエイド”

全然興味がなかったんですけどアルトサックスを1年前から習い始めています。
妄想の中ではかっちょいいサクソフォニストなのですが、夢から覚めるとなかなか…。

まだまだリコーダーのようにサックスがかわいそうな音しか出ないのですが、頑張ります。

レッスンに通うある日のこと、足を引きずって歩いている先生の姿が…

 
わたし
先生、脚どうかされたんですか?
 
先生
3週間前くらいに川で転んでぶつけた傷がいまだに痛くて…

レッスン後に時間があったので、様子を見てみました。

ちょっと腫れてる。膝に水が溜まっているような気もしますが…
ボディートークのファーストエイドの事を思い出しました。
ファーストエイドとは突然のケガやアクシデントになったときに使える応急処置テクニックです。

トントンしたら…自然治癒力ってすごい!

やけどとかケガの出血を早く止めたい時には効果的(やけどの変化は本当に早い!)だし、私は経験がないけど救急車が来るまでの間にファーストエイドを行って意識不明やショック状態から回復した例もあるんだって。

ボディートークの効果と証明する方法がないので何とも言えませんが。

ファーストエイドの目的はパニック状態の脳を速やかに落ち着かせ、本来の自然治癒システムが働くよう促すのですが、痛みがその場でなくなってしまう例や、継続したセッションで医師も驚くほどのスピードで治癒した骨折の例も。

症例は世界中にたくさんあるのです。

そんなファーストエイドのテクニックも含まれたセルフケアのテクニックは、ボディートークアクセスセミナーで1日で習得できます!

さて、話を戻して先生の膝を。

椅子に座ってもらい、ファーストエイドのテクニックを一通り。
ケガの治療が、頭やおなかを「トントン」されるだけなんで周りの人は奇妙そうなまなざしで見ておりました(笑)

正直、よくなるなら何でもいいよね(笑)

終わった後に痛みの出る動きを再現してもらうと
先生「あれ?さっきより痛くない?なんで?」
よくわからないけどよかったですね~(笑)!

時間の経過が要る例や、ファーストエイドのほかにフルセッションが必要な例、何も変化しない例もありますが、楽になってよかった。

【ボディートークのコンセプト】
心身の治癒力と知恵が本来の働きになれるようにアシストし、心身を自らの力でよくなっていくのをサポートする。

そうそう、ボディートークは魔法ではないから、テクニックを施した後の変化は自然治癒力に任せる
人によって変化の起こり方は違うけどよき方向にスムーズに運ばれていくのは事実。

ボディートークを知る前の私は結構テクニックにこだわっていて、確かな原因とそれにあった施術をしないといけないって思ってた。

その通りに人が治っていったら自分が誇らしいっていうエゴがあったから(笑)
いまでも、頼りにされたらそれはとても嬉しいけど、危なくなくてよくなるなら方法はちちんぷいぷいでもいいよねって思えるようになった。

今までよくなっていた症例も根底は自然治癒力と体の知恵のおかげだったんですよ。
ボディートークすげー。

最新情報をチェックしよう!