膝の痛みとファーストエイド

習いたてのファーストエイド

全然興味がなかったんですけどアルトサックスを1年前から習い始めています。
吹けたらカッコいいだろうな~と思いつつ、なかなか…。

で、レッスンに通う事になったのですが、ある日レッスンの時に足を引きずって歩いている先生の姿が…

私「脚、どうかされたんですか?」
先生「3週間くらい前に川で転んでぶつけた傷が、いまだに痛くて。」

レッスン後に時間があったので診てほしいとお願いがあり、様子を見てみました。

ちょっと腫れてる。水が溜まっているような気もしますが…
ボディートークのファーストエイドの事を思い出しました。
ファーストエイドとは突然のケガやアクシデントになったときに使える応急処置テクニックです。

自然治癒力ってすごい

やけどとかケガの出血を早く止めたい時や、救急車が来るまでの間にファーストエイドを行って意識不明やショック状態から回復した例もあります。ボディートークの効果と証明する方法がないので何とも言えませんが。

パニック状態の脳を落ち着かせ、自然治癒システムが円滑に働くよう促した結果、痛みがその場でなくなってしまう例や、継続したセッションで医師も驚くほどのスピードで治癒した骨折の例もあります。

そんなファーストエイドのテクニックも含まれた、自分や家族の健康を守るボディートークの基本的なエッセンスとテクニックは、ボディートークアクセスセミナーで1日で習得できます!ボディートークジャパン公式ページへ

さて、話を戻して先生の膝を。椅子に座ってもらい、ファーストエイドのテクニックを一通り。まさかケガの治療が、頭やおなかを「トントン」されるだけなんで周りの人は奇妙そうなまなざしで見ておりました(笑)

正直、よくなるなら何でもいい(笑)

終わった後に痛みの出る動きを再現してもらうと
先生「あれ?さっきより痛くない(笑)」
よかったですね~!

時間の経過が要る例や、ファーストエイドのほかにフルセッションが必要な例、何も変化しない例もありますが、楽になってよかった。

お早めにご相談ください

【こんなことが当てはまる人】
・本が読めない、うまく字が書けないお子様
・運動能力を高めたい
・気が散りやすい
・発達障害、ADHDが疑われている
・感情のコントロールが苦手
・緊張しやすい
・ミスが多い
・高齢者の事故や転倒の予防

目は一生使うもの。メンタルビジョントレーニングは年代問わず必要とされる視覚機能を伸ばし、カラダやココロの健康に役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です