もうちょっと、好きに生きてもいいじゃない。

動的平衡

  • 2020年10月7日
  • 2020年10月7日
  • GID
GID

以前、紹介してもらって読んだ福岡先生の本「動的平衡」。
動的平衡の意味が分かってから、こういう表現が合っているのかわからないけど観察が楽しくなった。

本はAmazonで買えるよ ↓

動的平衡 生命はなぜそこに宿るのか

動的平衡2 生命は自由になれるのか 

動的平衡3 チャンスは準備された心にのみ降り立つ

そうこうしているうちに自分の定期的な血液検査の機会が(男性ホルモン値を測る)。
約1年に1回受けているんだけど、ここ数回はビリルビン値やグルコースが基準より高めになっていて、いつも低値だった中性脂肪が徐々に上昇しているのも気になっていた。

それでも飲酒の習慣や不摂生を改められてはいないんだけど(笑)

ところが、久しぶりにすべて基準値内で中性脂肪値も以前の数値に戻っていた。

数字も設定された基準値も正解じゃないけど判断基準になるもので、
ここ最近は私の中の体調が良い動的平衡の領域にいられている気がするのを数字で確かめられた感じ。

血液検査もあの瞬間の数値。
今はどうだかわからない。だってフライドチキンを食べお酒をがぶ飲みしてほろ酔いで書いている(笑)
瞬間は一瞬で過去になることを知覚しながら、瞬間にありがたみを覚え、今に意識を向けられるようになったのは、ここまでいろいろ学ぶ機会を与えてもらったおかげ。

ホルモン注射も一応医学的には効いているようで何より。
残念ながらハゲは絶賛進行中だけど男性の象徴。言ってみりゃ望んだ姿に近づいているんだから仕方ないね(笑)

動的平衡の中で髪は抜けることを選び、そのおかげで均衡が保たれている…

生は動。常に動的平衡。

最新情報をチェックしよう!

GIDの最新記事8件