もうちょっと、好きに生きてもいいじゃない。

ホルモン注射でアナフィラキシーだって

  • 2020年10月4日
  • 2020年10月4日
  • 私事

以前、過剰な消毒や防御が免疫系のバランスを崩しているのではないかという記事を書いた。
それは「盲腸」というなんだか懐かしい響きを頻繁に聞いたから。

関連記事

最近、「盲腸」というワードをよく聞く。盲腸(正しくは虫垂炎)って一昔前までは経験する人も多くて、虫垂の役割もよく分かっていなかったから研修医の恰好のオペ経験に使われていたイメージ。今は腸内細菌微生物がストックされる場所だから、虫[…]

それだけじゃなくて、うちに来るクライアントでもマスクかぶれや謎の湿疹、消化器系の不調を訴える人が増えた。
この先もっと増えるんだろうな…
(ワクチン打ったらさらにこじれそう。個人的にはワクチンは無意味で人体に逆効果だと思ってる。)

先日、ホルモン注射をしにクリニックに行ったら(4カ月に1回ぐらいのペースで通っている)、同じ注射を何度も受けている患者がアナフィラキシーショックになった症例が出たとのこと。

その出来事は別のクリニックだったけど、医療機関で情報を共有しているようで、注射後数分は観察のために待機するように指示された。
幸い何の反応もなく帰ってきたんだけど、これも免疫系の関係があるのかなぁと思って。

男性ホルモン注射では溶剤にゴマ油が使われる。
消化管からそれを摂取するのと、注射で体内に取り入れるのとではそりゃカラダ的には受け付けにくいだろう。

手術を受けてからは12年だけど、注射は15年以上。耐えてくれてありがとう私のカラダ(笑)

注射をしょっちゅう打っていた時は臀部の組織が硬くなって針が刺さりにくくなってた。
これも人体の神秘的な防衛反応だよね。ぶちっと厚くなった筋膜を突き破る痛みが毎回恐怖だったけど、今はペースが大幅に開いたのでスッと刺さってくれる。

その代わり、一度の摂取量が以前の4倍(たしか)。

ホルモン注射のアレルギー反応も、コロナ禍でみんな一生懸命除菌とかしまくってるからバランス崩しているのではないかと。

そういえばサイトカインストームと、アナフィラキシーショックの違いってなんだ??
こういう疑問。忘れないうちに調べとかなきゃね。

学んでは忘れの繰り返しだ…。

免疫系の崩壊がホルモン注射のアレルギーやら盲腸を引き起こしているのかの分析は、とりあえず今後の動向をみるので保留。

最新情報をチェックしよう!

私事の最新記事8件