渡航前のHIV検査

今はどうかわからないけど、保健所に行くと無料でHIV検査してくれる。

タイで手術を受ける予約をするときにHIVの検査証明(しかも英文)が必須だったので受けたんだけど、千葉県だと英文の証明書で発行してくれるのは千葉市の保健所だった。

 

会場には以外にも人がいっぱいいて、カップルで来る人、一人で来る人、受診者の年代は若かった。

 

「あーそう、タイで手術うけるのね~、それで英文ね。」

 

検査を受けながら担当してくれた方の話を聞くと、結果を聞きに来ない人が結構多いのだとか。

検査をしに来る人の多くは「HIVにかかったかもしれない」という不安を抱えてくるので、待っている間に結果を聞くこと自体が恐怖になってしまうらしい。

 

その時はふーん、と思って帰ったけど、検査を終えて結果を待つ間、もしかしたら…と一瞬よぎることがあった。

これが「疑惑のセックス」のあとだったら不安しかないんだろうな。

試験を終えて結果を待つ間のような、確信と不安とが揺れ動く感じ。

 

結局、私は今手術を終えられているのでその時はHIVじゃなかったよというお墨付きをいただいたんだけども。

あれから出会いもいくつかあるので、もしかしたらわからないよね(笑)

何のために検査したんだよってツッコみたくなるけど、知るのが怖くて感染したままバラまいちゃっている人もいるんじゃないかしら。

 

なんでこの話を思い出したかというと、コロナウイルスでも検査を受けて「陽性」が出た人のその後の所在が不明になる割合が多いんだって。

コロナウイルスはHIVのような脅威ではなくて、むしろ今の対応が過剰すぎるくらいだから所在不明になってもまぁ。って感じで、

人に恐怖を植え付けるほうような報道のほうが問題なんじゃないかと思うけど。

 

今の状況じゃコロナウイルスにかかるとHIVにかかったと同じくらい絶望させられそう。

世間からの差別、その後の不安、陽性であることを知られたくないって思うかもね。

あれ?新宿だっけ?10万円くれるの。

 

仮にコロナウイルスが恐ろしいものだとしたら、陽性出た人のその後が分からなくなるなんて大問題じゃないか??

だったら検査しないでそっとしといたほうが安全なのではないかと思ってしまうくらい。

昔みたいに、がん告知しない選択みたいなさ、知ったとたんに弱って死んじゃう人もいるんだし。

そこは自分が勉強している「意識」の不思議。

 

ま、検査でも治療でもどんなことも、完璧とか絶対ってないよね。

性の通り道の最新記事8件