もうちょっと、好きに生きてもいいじゃない。

謎のカエル愛から不妊のはなしへ

  • 2020年7月8日
  • 2020年7月8日
  • 私事

私「カエルの中でも、アマガエルが一番かわいい。バランスがいい。」

妻「そうだね~。アマガエルって日本だけ?」

私「うちにいるのは二ホンアマガエルだから、日本固有種だと思う。」

妻「日本人がもつYAP遺伝子(?細かいことは忘れたw)も、海外から優れていると評価されていて、それを消滅させたい連中がいるらしいよ。」

私「でも今、世界で最も不妊治療を受けている数が多いのは日本なんだよね、たしか。」


いつの間にかカエルから遺伝子、不妊の話になった昨日の夜。

自分たちも仕事の中で不妊の相談に出会う率は多い。

そんな中で、話を聞いていると絶対的にセックスの回数が少ないのは要因だよねって話になる。

性に関する色々な偏りは日本人全体に言えることだと思う。

子供を産むためのタネもシカケもない人間が言っても説得力は皆無だけどw

まず、自然な流れとして精子と卵子が出会う方法はセックスだから、できにくいと感じる人ほどセックスしないと確率は下がる一方。

受精というのはすごいことで、すべてのタイミングや条件が揃わないと難しい。

ゴルフのホールインワンみたいなもので。

タイミング、距離、方向。そのためのスイングのタイミング、テイクバック、インパクト、フォロー。
(昔のおじさんはこれを「チャー・シュー・メン!」で合わせるw)

で、このホールインワンって、生涯で1度でも体験できる割合はアマチュアで 1/12,000 だそう。
ほとんどの方が生涯1回も体験できないどころか、一緒にラウンドしたメンバーのホールインワンを見られるかもわからないぐらいレアなこと。

私は一度!同伴プレイヤーがホールインワンしたのを目撃できた!奇跡!
(非公式だからお祝いはなかったけどw)

 

それに比べたら…妊娠や出産のほうが容易いかもしれないね。
それなのに、世界で最も不妊治療を受けている人が多い日本。なんで??

晩婚化や高齢出産も関係あると思うけど、それだけじゃないよね。
じゃあなんでも人工授精や代理出産にすればいいかというと、そういうものでもないと思う。

自然に授かり、自然に産めたら…そんな奇跡の結晶だから命は愛おしい。

 

また話を脱線させて…

うちのカエルも、数百から数千の卵の中から無事に育った中のごくわずかな4匹。
それをたまたま捕まえて来るなんてのも奇跡の縁なわけで、めちゃめちゃ愛おしいです(笑)

もちろん、出会った人すべてに同じことが言えるし、自分のパートナーになってくれた人もすごい確率。

ケンカもするし、危機的な状況になったこともあったけど、なんだかんだ縁があるわけで。

夫婦も陰と陽。ジェンダーや性格の陰と陽。
お互い自分にないものを見せて、見せられて、いろんなことを経験をしていくんだなぁ。

最新情報をチェックしよう!

私事の最新記事8件