「感情」の医学的定義

  • 2020年6月30日
  • BLOG

「数多くの器官に強力に作用する強烈で痛みを伴う心理的反応」

日常では触れ合う機会が少ないけど、医学の世界でも感情は器官に影響を与えるという事実は認識されているのに、普段触れ合う医療では「ストレス」という抽象的な言葉で終わる。

そしてストレスすらも薬でコントロールしようとするのだけど、それでは根本的には変わらないし、飲み始めたら辞め時のわからない薬漬けの人生が待っている。

普通の内科や消化器科のドクターが「感情は専門外」と言えばもっともそうに聞こえるんだけど、東洋医学では五臓と感情の関係を重視している。

だから、感情(心)もひっくるめて診察できるドクターが増えたらどんなにいいだろう。といいながら、私も駆け出しの頃は感情について深く考えてこなかった。

 

でも、自分が明らかに肉体の異常ではないパニック障害に悩んだりして、ようやく実感できた心身一如の考え方。

ボディートークを学び、心にも働きかけるように意識するようになり、出会う人たちすべてではないけど、自分の体に気づくきっかけを作ることができてきた。

肉体だけ見ているよりはるかにバランスがいい。

改善率は、実感値でだけどすごく良くなった。
からだの修理屋のままだったら、自分が今の仕事をこれほど面白く、楽しくやれていなかったと思う。

遅いかもしれないけど、気付けて良かった。

BLOGの最新記事8件