もうちょっと、好きに生きてもいいじゃない。

画像やバナーを自由に編集できるCanvaについて

サイトやブログを作るときに欠かせないのは画像。
画像の伝わり方で印象や反応がとても変わるのでこだわりたいところですが、無料素材だとダサいし、画像に文字を入れたりしてバナーを作りたい時にパワーポイントやkeynoteでやると作業が大変なこともある。

私はCanvaを知る前はパワポで地道にやっていました(keynoteは知らない)。
ですが、使えるフォントに限りがあるしなかなか理想通りの画像を作れませんでした。

そんな時に出会ったのがCanva。
無料の範囲でも充分使えるけど、有料にしても月に約1000円。
さまざまな手間が省けてこのお値段は安いです。

このサイトの画像も99.9%Canvaを使っています。
それでダサいと思ったら、それはCanvaのせいではなく私のセンスの問題。

これを知ったときは、もっと早く出会いたかった…と思いました泣
今は画像に関することはほぼ100% Canva頼みなので、パワポを触る機会が減りました。

ビジネスやっている人、ブログなどの画像にこだわりたい人、写真を編集したい人も使えるんじゃないかな。

 Canvaを使ってみる!

(ここから登録して使い始めると、私もあなたもクレジットがつきますw)

Canvaは無料で使える機能が豊富

  • 用途に応じてサイズやデータの形式が自由に選べる
  • フォントの数が豊富
  • テンプレートがあり、デザイン性の高いものが簡単に作れる

用途に応じてサイズやデータの形式が自由に選べる

パワポだと、プロパティや詳細設定に行って細かく設定しなければならなかったサイズ設定は、Canvaはひとつの画面上で済んでしまいます。

フライヤーやFacebookの投稿用、youtubeのサムネイル画像用など、豊富なサイズパターンがあらかじめ用意されていて、もちろんフルカスタムも可能ですし、有料プランなら途中でサイズの変更もできるので、同じ画像で違うサイズのものを作りたい時も便利です。

また、作成したデータをどのように使うかも自由に選べます。
PDF、JPEG、PNG、背景の切り抜きの有無、画質の高さを設定できるので印刷用のデータづくりも簡単です。

Canvaと連携している印刷会社もあるので、面倒くさがりの人にとってはワンウェイで作成から印刷まで行けるので楽でしょう。

フォントの数が豊富

私が思わず感動したのはフォントの数がふぉんとうに豊富(笑)なこと。
正直、ウィンドウズのフォントってダサいんです。特に日本語のが…

かといって、おしゃれなフォントを使おうと思えばお金をその都度払うことになりますが、Canvaなら無料の範囲でも使えるフォントはたくさんありますし、有料になるともっとたくさんのフォントを自由に使うことが出来ます!

フォントだけ使って、背景抜きの画像を作成すれば、思い思いのタイトルやロゴを作成することが出来るんですよ。

テンプレートがあり、デザイン性の高いものが簡単に作れる

※この画像はテンプレの中から直接引っ張ってきたものです。カレーがおいしそう。

私が作成したチラシやフライヤーをほめてくれる人は多い(社交辞令かもしれないけどw)
ですが、かなりの率でテンプレートのお世話になっているのをここで懺悔します…

真っ白なキャンバスに初めから描くのには憧れるけど、ガイドが全くないと難しい!!

テンプレートは自分で自由に再編集できるので、テンプレのガイドを頼りに自分のイメージを上書きするという方法を私はやっています。
上のカレーなら、文字を変えたり、カレーの見え方を変えたり、素材をつけ足したり色合いを変えたり。

とても面倒な時、時間をかける必要が全くないものを作るときはテンプレで即完了(笑)

まとめ

画像をわざわざネットで探しに行ったり、その度にそれぞれのサイトでアカウント登録したり、そういった手間が省けるので個人的にはとても良かったです。

アカウントはメールアドレスとパスワードだけというシンプルなので、気軽に使って見てくださいね。

 Canvaを使ってみる!

最新情報をチェックしよう!