自分で考える、決める。責任をもつ。それが自由。

  • 2020年5月14日
  • 2020年5月14日
  • 私事

私はずっと自由を求めてきた。
大きくなって自由という言葉を知り、じゆうじゆうって!叫んできた。

自由って言葉が大好き。

でも、自由になりたいわりに自由って何なのかよくわかってなかった。

自分なりの「自由」が明らかになってきたのは、ほんの10年前くらいかなぁ。
今でも自分の自由を分かり切っていないから、軸が見つかったかと思えば迷子になることもある。

なので2020年5月時点での私の自由についての解釈を書いておこう。

今分かっているのは、自由は自立して責任を負う覚悟によって手に入るということ。

好きなことして好きなもの食べて…自由な生活にはお金が必要って思うかもしれない。
それはそうなんだけど、自由になるにはもっと深い所に必要な条件がある。

自分で選んだ結果を受け止める覚悟。

自由と言えばお金の自由を求める人が多いけど、お金を稼ぐ方法も自由なはず。

今の働き方で稼がなくてはいけない理由なんてない。
そういった思考の枠からも脱出することが自由なんだと思う。

でも、勇気がいるし先の見えない不安を乗り越えないとならない。
そこで自由を諦めている人はどのくらいいるだろう。

私も、今の仕事で稼がなくてはいけないとか、勤めていた頃も今、辞めるわけにはいかないって思ってた。
何のために?

大切なお客に迷惑がかかる。同僚に迷惑がかかる。そう。
本当に気にしていたのは「他人の目や評価」だ。
本当に進みたい道があるなら、何と言われようと進みたい方向に道は開ける。

たとえば私やっている整体の仕事は、他にスタッフもいるし他にたくさんあるから代わりが利く。
私がやらなくなったところで、私じゃなくて「整体」を選んでいる人は困らない。

私を選んでくれている人は残念がったり、応援してくれたり、嫌われるかもしれない。
それらすべてを呑む覚悟さえあればなんでもできるなーってのが約35年生きてやっと気づけたこと。

私が長いこと自分のセクシャリティーを話したくなかったのも、他人の目がこわくて仕方なかったから。
肚を決めてからの行動はそれはもう早かった(笑)女から男に変わってからも色々あったけれど、最終的に性別から自由になれた気がする。

細胞一つ一つ、肉体も日々変わり続ける。
肉体の場合は変わらなくなったら死を意味するから。

昨日熱中したものが明日は興味がなくなってしまうかもしれない。
これを自己中の極みというのだろうけど(笑)

自分の内部ではどうであれ、自分の価値観を押し付けないようには気をつけたい。

私が思う自由とは。
自由になるのはお金でも時間でもなく、自分の覚悟。
覚悟が決まればお金も時間も自分で変えられる。
だから覚悟が先。

最新情報をチェックしよう!