こっけいこっこー

  • 2020年4月28日
  • 2020年5月8日
  • 私事

2020年はしょっぱなからすごい一年だ!
新型コロナウイルスで私の仕事も大きく影響を受けているので、仕事が減ったから不安がないかと言えばそれはうそ。
やっぱ不安になることはあって、どうにもならないときはどっぷり浸かる。

我が家のペットと遊んで、いつもよりちょっと丁寧に料理して、いつもよりお酒を飲む(笑)
禁酒しようかと魔が差したときもあったけど無理!

飽きてきた金髪もだいぶ伸びてきったね~!状態になってきたのでそろそろ切りたい。

時間が増えたおかげで、勉強する時間、仕事について考える時間、新しいことにチャレンジする時間になった。
オンライン飲み会という新たな楽しみ方も。
画面に向かって口をひらくタイミングをいつも以上に考えてしまうんだけど、世界中の人と繋がれるのはとてもいい。

でも、外はすごい光景だよ~。
みんながマスクして、スーパーでは行列だし、ビニールがはられたところで接客を受ける。
入り口には普段なら存在にも気が付かない除菌スプレーに行列をなし、買い物かごやカートを除菌シートで拭く人々。

ソーシャルディスタンス(もともと人混みは嫌いだし、普段の都内や満員電車の様子のほうが異常だったんじゃ…)

人が触れたものは汚い、お金もモノも、人も。

すれ違いざまに避ける人々。
我先にかごに食べ物を詰め込む人々。
その後でできる長蛇の列。

もちろんウイルスに感染して苦しむのは嫌だし、人に移して迷惑をかけるのもいやだけど…
あまりに滑稽すぎて時々吹き出しそうになる(不謹慎!)
ビニールやったってマスクしたって空気は全てと繋がっているんだから、そんなこと気にしてたら息もできない(笑)

触れ合うことに怯える。
触れるのがこわい人、触れられるのがこわい人、自分が触れられるのは気にしないけど触れようとしたら怒られるかもしれないと不安になる人。

小さい頃のこと思い出した。

近所に住んでいた友達が毛じらみにかかっていたらしく(本当かもわからない)
「あの家の子と遊んじゃいけない。」って親に言われて避けてた頃をふと思い出す。

それを聞くまではその子に対して何の嫌悪感も抱いていなかったのに、信頼する親から聞いた一言で一気にその子の見方が変わった。
誰かの言葉によって自分の意識が真逆に変わってしまうんだからおそろしい。

学校でもあったよね。
あの子○○だから、私と仲良くしたかったらあの子としゃべらないで。なんであの子と一緒にいるの?みたいな。(女子あるある?)

差別は取り上げられなくなっただけで変わらずある。
性別のこととかで差別を受けて悲しかった経験をして、被害者意識ばかりが残っていたけど、差別する側もしていたんだわ。

最新情報をチェックしよう!